2010年05月27日

中国旅行安心ガイド・・ショッピング




一般のお店では、商品の値段は店員との交渉で決まるのが中国。

言い値で買わないのが当たり前なので、気後れせずに、値引き交渉に

チャレンジしてみよう。


このとき、絶対にやってはいけないのが、店員の前でサイフを開けること。

持ち金を見透かして値段をつり上げてくるのは間違いありません。



小銭入れ、靴、バッグ、木彫りの民芸品などの雑貨は20元が上限です。

初心者は、まず言い値の3分の1ぐらいに値切って、20元前後で手を打つ

のが妥当です。



交渉に慣れれば、定価で買うデパートなどより断然おトクな買い物ができる

ようになります。


私の友人は、電卓を持って中国旅行に行きました。

数字が言えなくても、電卓をたたけば楽に交渉できたそうです。


ただ、中国では 「品質保証」 の概念が薄いので、不良品をつかまされて

も自己責任です。


「安いと思って買った10元のカバンに穴が開いていた」 なんていう

失敗談はザラなので、品定めは念入りに。

 ・深刻な中国バブルの崩壊

 ・中国経済って、いったいどうなっているの?

 


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村


posted by 富力 at 00:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 中国旅行安心ガイド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。