2008年04月16日

任天堂「Wii」が韓国進出、業界から不満の声も

ポータブルゲーム機「ニンテンドーDS」で知られる任天堂が、今度はテレビ用ゲーム機「Wii」を韓国で発売します。14日にソウル市竜山区漢南洞のグランド・ハイアット・ホテルで行われた記者会見には、予定になかった任天堂の岩田聡社長が急きょ参加するなど、話題を呼びました。

、韓国ゲームメーカーの任天堂に対する感情も、あまり良くないようです。ニンテンドーDS用のソフトウエアを見ると、70%以上が任天堂で直接開発されたもので、韓国の中小ゲームメーカーに対する支援は至って消極的です。ライバルのソニーやマイクロソフトは韓国現地法人で別途のゲームタイトルを開発し、これを海外にまで輸出するほど積極的に協力しています。一方、任天堂は主に独自開発したソフトウエアを韓国語に単純に翻訳し、売り込むのにあくせくしている、というのが韓国ゲーム業界の見方となっています。










posted by 富力 at 08:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国のニュースから | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。