2011年04月11日

原子力発電って、どうなの?




2疑問.jpg 日本の原子力発電の現状は?


原子力発電は、日本の総発電電力量の29%を支えています。

天然ガスと並んで、最大のシェアを占めています。


 ・原子力・・・29%

 ・天然ガス・・29%

 ・石炭・・・・25%

 ・水力・・・・8%

 ・石油等・・・7%


電源別発電電力量の実績(2009年度)

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2010年1月現在、世界で稼働中の原子炉は、

437基に上がります。


最も多いのが、アメリカの104基、

       フランスの 59基

         日本の 54基 と続き、


日本は世界第3位の原発大国なんです。


その他の主要国の稼働中の原子炉の数はと言うと・・・、

  ロシア・・・31基

   韓国・・・20基

 イギリス・・・19基

  カナダ・・・18基

  インド・・・18基

  ドイツ・・・17基

 ウクライナ・・15基

   中国・・・11基


2疑問.jpg 日本から原発がなくなったら、どうなるの? 

  
今回の地震での、福島原発の事故により、

世界的にも原子力エネルギーの見直し論が出ています。


しかし、現在の生活水準を維持しながら 「脱原子力」 を

行うことは困難です。



なぜか?というと・・・、


ひらめき原子力発電を止めると、日本の総発電量の約3割が失われて

経済活動や、日常生活に大きな支障が生じて、経済がマイナス

成長になります。


ひらめき原油の輸入は、産油国やシーレーンの情勢に大きく左右

されるので、日本が原油に全面的に依存することは、安全保障

の面からも危険なんです。


ひらめき福島原発が止まったことで、東京電力の発電能力は、

ピーク時の80%しかありません。

このままでは、エネルギー需要が増える夏場に、大規模停電が

起こる可能性があります。


2006年にアメリカで大規模停電が発生したときは、

停電と熱波が重なり、酷暑をしのげなかった人々が

亡くなっているんです。


2疑問.jpg じゃあ、原子力発電をどう考えたらいいの?


原発の危険性については、もちろん、いろいろと言われて

いますね。

原発は、少量のウランやプルトニウムから、半永久的に

エネルギーを取り出し続けることができるので、

人類にとっては、非常に便利なものなんです。


原発に替わるエネルギー源が出てこないうちは、単なる

恐怖症によって、原発を簡単に手放してはなりません。



資源の大部分を輸入に頼る日本が、

平和と安全を確保しつつ、繁栄を高いレベルで維持するには、

原子力の活用を避けて通れません。


少なくとも、

経済性の高い有望な次世代エネルギーが現れるまでは、

安全性強化を大前提とした上で、

日本は原子力技術の開発と活用を継続すべきです。

家族.jpg




人気ブログランキングへ

にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村


posted by 富力 at 19:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 原子力問題のなるほど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。