2010年03月21日

シリコンバレーの担い手は、アスペルガー症候群の人々


IT産業や最先端技術を生み出してきたシリコンバレーを支えているのは、

じつは、アスペルガータイプの人たちです。





アスペルガータイプの人たちは、知的能力や言語能力は優れているのですが

対人関係や、コミュニケーションが苦手で、周囲のことに無関心です。


しかし、興味のあることには以上に集中力を発揮します。

強いこだわりや、ユニークな着眼点を備えていて、一見、「ちょっと変わっ

た人」 と思われがちです。


幼い頃は、そわそわして、気が散りやすく、ADHD(注意欠陥・多動性

障害)ではないかと思われたりしますが、成長するにしたがって、おとなし

くなってきます。


一方、ADHDはわんぱくで、片時もじっとしていないタイプで、理屈では

なく、何でも試して覚えます。

衝動的に行動するので、周囲と衝突して問題児扱いされやすいです。


しかし、とても天真爛漫(てんしんらんまん)で、ある意味で心が純粋。

大人になっても、行動派で、対人関係も体当たりで築いていきます。


多動は、大人になるとよくなりますが、不注意や乱雑さは残りやすいです。


実際は、アスペルガーもADHDも、その境目はあいまいで、学習障害

(LD)を含めて、「発達障害」 と呼んでいます。


 ◇ハンディを補うために生じてくるパワー


発達障害といっても、決して病気でもなんでもありません。

心配はいりません。

いずれ、「障害」 というとらえ方は、過去の話になると思います。


あくまでも、平均的なことに価値を置く、世間的な基準から見て障害と

とらえているだけなのです。



アスペルガーや、ADHDは、障害どころか、むしろクリエイティビティ

(創造性)と密接な関係があります。


周囲とうまく折り合えず、生きることに困難さを感じていると、現実は変え

られないから、想像力を働かせ、新しいものを創り出して、バランスを

とろうとします。

そこにクリエイティビティ(創造性)が生まれてきます。



ハンディを補うべく別の部分が、過剰に発達してくるわけです。


創造性を行かんなく発揮したアスペルガータイプは、エジソンや、アイン

シュタインなど、学者や研究家タイプが多いです。


ADHDタイプですと、芸術家や政治家、社会運動家に多く見られ、

チャーチルやピカソ、ヘミングウェイ、サン・テクジュベリなど、大人に

なっても子供のように天真爛漫で、詩人的な人が多いです。


今、話題の坂本龍馬も、ADHDタイプ。


生涯を通じて活動的で、本能的な嗅覚で人との関係を築いていくところは

まさにADHDです。


それに、常識にとらわれないズレがあるからこそ、新しい世界観を持てた

のだと思います。


タレントで元ボクサーの、ガッツ石松さんもADHDタイプで、心が純粋

なところが魅力だそうです。


故・岡本太郎さんは、ADHDとアスペルガーの両方の要素を持っていた

人だそうです。




人気ブログランキングへ









posted by 富力 at 10:41| Comment(3) | TrackBack(0) | 不況期の知恵 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは
いろんな人のブログを見ていました。
参考にしたいと思います。
私のブログも見てください。

興味がなければ、すいません。スルーしてください。






Posted by newbig at 2010年03月21日 16:32
>シリコンバレーを支えているのは、
じつは、アスペルガータイプの人たちです。


「アスペルガータイプ」の後に「自閉症」がつくなら、とんだガセネタ。

アスペルガー型自閉症は仕事できませんから。
とんだ事しやがり会社潰すの一瞬ですよ クビだよクービ。
Posted by 丸さんかく at 2010年04月05日 15:59
アメリカ在住の友人に同じような話を聞きます。IT系の企業で面接では発達障がいがあるか?と聞かれる。もちろん、落とすためじゃなく採用したいから。その特性をよくわかっているからできることですよね。ある意味、合理的に仕事が進みますから。そんな企業に巡り合えたら幸せですね。日本だったら、結婚できるの?社会人になれるの?普通に暮らせるの?って悩んでる人多いから。理解の器が違いますねー。
Posted by おかーちゃん at 2012年12月18日 16:07
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。