2009年03月16日

「30兆円の枠で銀行紙幣の発行を」って?

2008年秋頃から世界同時不況に突入して、恐慌がささやかれたり

しましたね。





マスコミも 「貧乏な時代がやってきそうだ」とか、やたら強調し始めたり

、ずいぶん昔に流行った小林多喜二の 「蟹工船」 が、またベストセラー

になったりしています。カニを獲る船で働く人たちの非常に貧しい悲惨な

生活が書いてある小説です。


時代の流れとして、東西冷戦が終わり、せっかく社会主義や共産主義思想

から脱出したのに、また元へ引きずりもどされつつあるということです。


では、どうすれば資本主義精神を取り戻し、景気を回復させることができる

かと言うと・・・、

ある良識のある智者がこういうことを提言されています。


 明治時代には、政府以外に銀行からも紙幣が出ていました。

 こういう考え方を入れたらいいと思います。

 今、日本には三菱東京UFJ銀行・みずほ銀行・三井住友銀行といった

 メガバンクがあります。

 そこで三菱東京UFJ銀行の1万円札を刷って出せばいい。

 みずほ銀行の1万円札・三井住友銀行の1万円札を刷ればよいのです。

 日銀券だけでなく、明治時代には、ほかの銀行も何種類も出していました

 から、出してもかまわないのです。

 30兆円ぐらいまで出してもいいことにすればよいのです、
と。


政府や日銀が頼りにならないのであれば、民間銀行で30兆円の紙幣を発行

すれば、銀行の赤字は解消されると同時に、資金需要に応え、中小企業への

貸し渋りが改善されるため、景気はすぐに回復されることが見込めますよ。


「お金=中央銀行が刷るもの」 というのは一種の、思い込みにすぎない

 のです。


 家 なぜ、銀行紙幣の発行なの?

もちろん、この銀行紙幣発行案は、中央銀行廃止ってことではありませんよ

、念のため。 30兆円の枠内という設定で、もし失敗したとしても損失は

限定されます。


1万円札を一枚刷るコストは、20円足らずなんです。

なので、かりに紙幣発行した銀行への信用がなくて誰も使わなかったとして

も損失は小さいです。


うまくいって、市中に出回れば、発券銀行にとって1枚あたり9980円の

利益になります。

すると銀行の赤字は解消され、バランスシートがきれいになる。

(そもそも通貨発行益はなぜ、日銀に独占されなければならない?)


そして、「企業の融資に使う」という条件を付ければ、銀行紙幣は、着実に

民間企業の資金繰りを助けることになって、経済は活性化されます。


無制限に紙幣発行を認めるわけではないので、紙幣乱発によるインフレ懸念

も小さいです。


メガバンク、三菱東京UFJ・みずほ・三井住友の3銀行で紙幣を刷れば

競争が生じるので、各銀行とも信用の獲得と維持に総力をあげて取り組む

ことになるんです。(だから無謀なことはしないし、できない)


想像以上に信用力のある、よい紙幣ができるかもしれません。

しかも、税金は1円も使わないですむし。


これに似たアイデアとして、政府紙幣の発行も議論されていましたね。

こちらは、通貨発行益の効果が大きいというメリットがありますが、

この 「蜜の味」 を覚えてしまうと、歯止めがかからなくなる恐れも

あります。


だから、政府紙幣も一案ではありますが、銀行紙幣の方が副作用が少なく、

メリットは、はるかに大きいんです。


少なくとも、定額給付金2兆円のばらまき、よりは、はるかに大きな

効果がありますよね!


今、必要なのは、「富の分配」 ではなくて、「富の創出」。


比較的小さなリスクで、富を創出する手段として、銀行紙幣の発行こそは

有効であるはずなんです。


もし、アホマスコミが言ってる不況が、本当に世界恐慌につながるような

「100年に1度」 の深刻さを持つのであれば、それこそ100年に1度

の対策が必要なんですよね。


だから、銀行紙幣の発行は、100年に1度にふさわしい刺激策になるに

違いないんです! 位置情報



posted by 富力 at 00:25| Comment(1) | TrackBack(0) | なるほど経済ナビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
このたびの東北大震災は1000年に災害と言われています。
その復興に13兆円はかかるとも。
それを補うのに復興債を発行するべきとか、法人税の値上げ、消費税を5%あげるとも言われています。
今の世の中、復興債にしても法人税、消費税の増税もますます景気を冷やす以外にありません。
だったらこの際、13兆円の新札を印刷して、復興資金に充てたらと思うのですが。
このお金が復興のために使われたらこの資金が民間をうるおし景気は良くなると思うのですが。
居間の世の中、長期間のデフレがこの程度の資金でインフレになるとも思われない。
新札を増刷するのは何か障害はあるのでしょうか?
Posted by あきら at 2011年09月05日 22:46
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。